よくあるご質問|和歌山 JR六十谷駅すぐの産婦人科なら粉川レディスクリニック|妊婦健診 お産 無痛分娩 不妊 がん検診 性感染症 など

医療法人 粉川レディースクリニック

よくあるご質問

1.通院、外来・分娩予約

Q1-1 車で通院できますか
A 車でのご来院は可能です。25台分の駐車場を用意しています。
Q1-2 車以外で通院できますか
A 電車の場合、JR阪和線六十谷駅から西に徒歩2分です。
Q1-3 外来は予約できますか
A 初診の方や婦人科再診の方は、予約無しで受け付け時間内に受診いただいております。
妊婦健診の方は、診察後に次回の検診予約をお願いします。尚、分娩や緊急手術の時には予約時間に診療できず、お待ちいただくこともございます。ご理解・ご協力お願いいたします。
Q1-4 分娩予約はどうしたらよいですか(同意書など含む)
A 当院で分娩を希望される方は、受付職員へお伝え下さい。手続きや必要書類の説明をさせていただきます。
分娩予約が予定数を上回ると、ご希望に添えないこともありますのでご了承下さい。
Q1-5 里帰り出産をしたいのですがどうすればよいですか
A 里帰り出産をご希望の方は、診察時間内にお電話でお名前、住所、出産予定日などをお伝えいただき、仮の分娩予約をお願いします。
20週頃までに受診、もしくは実家のご家族にご来院いただき、手続きや書類など正式な分娩申し込みをお願いしています。
Q1-6 分娩の予約金は必要ですか
A 分娩予約の際に予約金1万円をお預かりします。分娩された方は退院時、入院費用の一部として精算させていただきます。
Q1-7 子宮がん検診は予約がいりますか
A 子宮がん検診ご希望の方は、予約無しで時間内にご来院下さい。但し、精密検査のコルポスコープや組織検査は予約制です。
Q1-8 薬だけでも出してもらえますか
A 何度か医師の診察・検査をお受けになり、症状・経過が安定している方は、簡単な面談の上、常用薬の処方は可能です。

2.妊婦健診について

Q2-1 妊婦健診のスケジュールは、どうなりますか
A 出産予定日が決まれば、早めに妊娠初期検査を受けましょう。
初期検査から妊娠24週頃までは4週間ごと、36週頃までは2週間ごと、後は予定日まで1週間ごとに健診します。各々の時期に必要な検査なども有りますのでその都度説明させていただきます。
Q2-2 赤ちゃんの様子が気になります。エコーは見てもらえますか?
A 妊婦さんやご家族に胎児の様子をご覧いただけるよう、エコー検査の機会を多く設定していますが、ご希望に添えない事もございます
Q2-3 家族とともに通院できますか
A ご家族とともに受診いただくことは可能です。但し、感染症の疑いのある方や有熱のお子様の来院はご遠慮下さい。
また、インフルエンザなど感染症流行時は、母児の感染予防のため、ご家族・お見舞いの入館を制限させていただく事が有ります。ご了承下さい。
Q2-4 助産師外来はありますか
A 助産師外来は有りません。診察・健診は医師がおこない、保健指導や乳房管理などは助産師が担当させていただきます。
Q2-5 費用はいくらかかりますか
A 妊婦健診は5千円ですが、検査の有無により金額は変動します。母子手帳交付時にもらった補助券の額を差し引いた金額で精算となります。お住まいの自治体によっては、全額自費精算をしていただき、後日地元で還付される地域もあります。里帰り出産の方は地元の市役所などでご確認下さい。
Q2-6 出産後の健診はありますか
A ご退院から1週間目にご来院いただき、母児の経過を診せていただきます。順調なら次回は分娩後1ヶ月健診となります。
Q2-7 母乳のトラブルはどうすればよいでしょうか
A お乳の痛みや発熱など、乳汁うっ滞・乳腺炎の疑われる場合はご来院下さい。
緊急時はやむを得ませんが、深夜や休日は十分な対応ができないこともございます。症状が疑われるときはできるだけ診療時間内にご相談下さい。
Q2-8 産後うつが心配です
A 分娩後は急に不安になったり悲しくなったり気分の変動が起こりやすい時期です。また、育児疲れで体調を崩すこともあります。ご家族の支援や協力は是非お願いしたいのですが、それでも症状が気になるときはご相談下さい。助産師や医師によるコンサルトや産後ケアの対応も考えていきます。

3.分娩について

Q3-1 無痛分娩は対応できますか
A ご希望の方には無痛分娩の対応は可能です。詳しくは無痛分娩のページをご覧下さい。
Q3-2 ソフロロジー出産はできますか
A ご希望の方にはソフロロジー式産前教室を受講いただき、ソフロロジー法での分娩対応は可能です。詳しくはソフロロジー式分娩法のページをご覧下さい。
Q3-3 骨盤位といわれています。出産できますか
A 骨盤位経腟分娩には児頭先進時の出産に比べ赤ちゃんに様々なリスクがあります。 妊娠中に骨盤位が直るよう外来で指導しますが、骨盤位のまま37週を過ぎるときは、赤ちゃんのリスクを考え帝王切開での出産をおすすめします。
Q3-4 計画分娩はできますか
A 陣痛がいつ発来するか現代でも正確には予測できませんが、母児にとって最も都合のよい日に自然陣痛が起こるものと推測されます。計画分娩は可能ですが、陣痛誘発する理由とリスクを本人・ご家族がに十分納得できていることが肝要です。
当院では無痛分娩のケースや医学的適応のあるケース以外の計画分娩はお勧めしていません。
Q3-5 里帰り出産を考えています
A 里帰り出産は可能です。詳しくは里帰り出産のページをご覧下さい。
Q3-6 立ち会い出産はできますか
A 立ち会い出産は可能です。ただしあまり大勢の入室はできません。ご主人もしくはお母様などお二人程度と考えてください。小さなお子様の立ち会いはできません。他の妊婦さんと分娩が重なった場合や、帝王切開となった場合は立ち会いはできません。
Q3-7 急に帝王切開となっても対応してもらえますか
A 緊急の帝王切開も原則的には当院で対応します。
ただしベビーがNICU管理を要する早産の場合や、母体が内科等合併症管理を必要となることが明らかな場合は、和歌山医大や日赤医療センターへ母体搬送する場合もございます。
Q3-8 安産のためにはどうすればよいでしょうか
A 安産か否かはお産の当日の経過だけでなく、妊娠がわかった日から出産の日までの過ごし方、準備で大きく左右されます。体調管理・体重管理を心がけ、お産の経過・注意点を理解し、赤ちゃんを慈しむ母親の気持ちを膨らませてお産の日に臨んで下さい。
不安なことや疑問点は外来・指導時に遠慮なくおたずね下さい。
Q3-9 分娩費用はいくらかかりますか
A 分娩経過には個人差が大きく、出産の時間や処理・治療の要否などにより入院期間や費用は様々です。
産後5病日で退院された正常分娩の場合、入院費用の目安は個室で46万円から、二人部屋で44万円からになります。健康保険にご加入なら出産育児一時金42万円、分娩申込金1万円、合計43万円を差し引いた額が退院時の精算となります。詳しくは受診時に受付職員にご確認下さい。

4.入院について

Q4-1 どのようなタイミングで入院すればよいでしょうか
A 陣痛開始(規則的な痛みを伴う子宮収縮が毎回10分以内に続く)・破水(動くたびに水様性の帯下が流れる)・月経位の多めの出血、胎児の動きが極端に悪いなどがあればご連絡下さい。入院時には時間にかかわらず、来院前に当院へ電話連絡をお願いします。
Q4-2 自分の運転で入院できますか
A 入院時、自分で車を運転し来院されるのは危険であり、お勧めできません。ご家族に送ってもらうかタクシーなどをご利用下さい。
Q4-3 何を持って行けばよいでしょうか
A 入院時の持ち物のページをご覧下さい。ご質問があれば健診時などにおたずね下さい。
Q4-4 何日くらい入院しますか
A 順調に経過すれば、正常分娩で出産後5日目、帝王切開で手術後9日目での退院が基本ですが、ご本人の体調とご希望により変更となる場合もございます。
ご希望があればご相談下さい。
Q4-5 病室は選べますか
A あらかじめご希望をお聞きしていますが、分娩が立て込んだときなどはご希望に添えない場合もございます。ご了承下さい。
Q4-6 母児同室ですか
A 母児同室もベビーを新生児室で預かる事も可能です。ご本人の体調とベビーの状態でご相談下さい。
Q4-7 家族同伴で入院できますか
A 基本的にご家族の宿泊はできません。入院中のお世話は当院スタッフで行います。ただし、分娩進行中の付き添いやご本人の病状・体調からご家族の宿泊をお願いするケースも稀にございます。
Q4-8 家族の面会はいつでもできますか
A 面会時間は平日・日祝日とも13時から20時です。特別な事情のない限り、面会時間以外の来院はご遠慮下さい。20時以降は防犯の観点から出入り口を施錠し、自由に出入りはできませんのでご協力下さい。
インフルエンザを始め感染症流行時は、ご家族の付き添いやお見舞いの方の入館を制限することもございます。妊産婦さんと赤ちゃんの感染予防のためご理解、ご協力お願いいたします。
Q4-9 食事の好き嫌いは大丈夫ですか
A 食物アレルギーのある方は申し出て下さい。メイン食材等については対応を検討します。好き嫌いについては対応できません。
Q4-10 タバコは吸えますか
A 当院は敷地内禁煙とさせていただき、喫煙場所はありません。ご本人・ご家族とも禁煙にご協力下さい。

5.婦人科外来

Q5-1 診察予約はできますか
A 妊婦健診は予約をお取りいただきますが、初診の方・婦人科再診の方は予約なしに受診していただいております。
Q5-2 公費での子宮がん検診はできますか
A 和歌山市・岩出市・紀の川市在住の方に関しては、公費での子宮がん検診を取り扱っております。
Q5-3 生理痛や生理前の体調不良は相談できますか
A 月経に関わる症状や月経前の体調不良などは、ホルモン状態のコントロールで改善することもしばしばです。
ただし、子宮や卵巣に疾患が隠れていることもございます。受診の上、医師とご相談下さい。
Q5-4 子宮筋腫や子宮内膜症が心配です
A 子宮筋腫や子宮内膜症は女性にしばしば見られる疾患です。病状や症状の程度により治療の方法やタイミングも様々です。
あなたに適した対応を個別に考える必要がありますので、受診の上医師にご相談下さい。
Q5-5 生理不順や不正出血が気になります
A 月経不順や不正出血は、ホルモンバランスの乱れで起こることもありますが、その原因は様々です。 また、不正出血には子宮がんやポリープ、子宮筋腫など子宮や卵巣の病気が潜んでいることもありますので、受診の上医師にご相談下さい。
Q5-6 更年期障害は相談できますか
A 閉経は誰にでも訪れる現象です。閉経周辺期に女性ホルモンが減少・変動することで身体的・精神的に様々な不調が出現する事があります。
症状が強く気になる場合はホルモン補充など対応することは可能ですのでご相談下さい。
Q5-7 不妊症の検査や治療はできますか
A 一般的な検査やタイミング指導などの経過観察は可能です。
体外受精などの補助生殖医療は対応できませんので、ご希望の場合は専門施設にご紹介させていただきます。
Q5-8 男女産み分け指導はできますか
A 産み分け指導は現在行っていません。
Q5-9 ピルは出してもらえますか
A 望まない妊娠の予防、生理痛や過多月経などの月経随伴症状の緩和と治療。ピルは女性の生活設計に効果的な選択肢の一つと思われます。
ただし、安心して服用するためにはいくつかのチェックポイントもありますので、医師にご相談下さい。
Q5-10 アフターピルはありますか
A 避妊ができなかったセックスの後、妊娠の確率を低くする目的の薬です。
効果を期待できる時間に制限がありますので、早めにご相談下さい。
Q5-11 性感染症の検査はできますか
A 検査は可能です。ただし希望される内容によっては自費検査となりますので受診の上ご相談下さい。


ページ
TOPへ